木造住宅の豆知識

【建築中】浦添市大平 木造二世帯住宅

現在、浦添市大平で木造二世帯住宅を建築中です。これまでの工事の内容をまとめました。

2月15日地鎮祭開催

地鎮祭を終え、基礎工事を行う前に行うのが、『やり方(敷地の配置確認)』です。やり方とは、敷地に対して、どこに家を建てるのかの確認作業ですね。基礎は動かせないので、しっかりと確認しましょう。今回は、浦添市の区画整理事業地区なので、市役所の区画整理課の立ち合いの元、行いました。


3月上旬基礎工事開始

沖縄では、基礎工事を行う際の型枠は、職人さんが木材を使い作っているところが多いのですが、内地では、鋼製の型枠を組み立てて作る基礎工事が主流になっています。

木材の型枠と鋼製の型枠を比べると

  • 鋼製の型枠での基礎工事の方が工期が短い
  • 木製と比べて、ひずみがなくなる

などのメリットがあります。

基礎工事は家の土台となるものなので、仕上がりはとても大切ですね。鋼製の型枠で、腕のいい職人さんのおかげで、良い基礎ができました。家のデザインや機能性だけでなく、工事方法なども調べてからの家づくりを検討しても良いですね。

4/10棟上げ式

4/28、29構造見学会開催

4/28、29日に開催しました、『構造見学会』へたくさんの方にご来場いただきました。セミナーに参加いただいた方々には、『凄く勉強になりました!!』『全然知らなかった。教えてもらって良かったです』などの感想をいただきましたので、やって良かったです。


ご来場いただいた方々は、「木造って、こんな風に出来てるんだ!」、「RCと比べて強度も大丈夫なんだ~」「木造はこんなに快適なんだ」など、驚かれている方が多かったです。

これからも工事進捗を公開していきますので、楽しみにしてくださいね。

建築をお考えの方へ、まずはご要望をお聞かせください。『ラフプラン、概算見積無料とは?』

≪初回ラフプラン・概算見積無料!!≫
一級建築士事務所 HARMO design(ハルモデザイン)
一級建築士/一級施工管理技士 代表 岸田 匡史(きしだ まさふみ)
TEL:098-996-4810  (営業時間:08:30~18:00)
901-0241 沖縄県豊見城市豊見城199-C-2
建築士事務所登録番号 沖縄県知事登録 第192-3533号

HARMO designへのお問合せフォームへ

関連記事

ページ上部へ戻る