木造住宅の豆知識

沖縄の新築で平屋を検討している方へ

沖縄で新築を建てるにあたり、2階建てか平屋のどちらかを建てるか、悩んでいませんか。都心など土地代の高い場所では、2階建てを建てる方が圧倒的に多いのですが、広い土地があって、ゆったりと生活をしたい方は、平屋を選択しています。現状の生活環境に合わせるだけでなく、将来的な事も考えると、平屋の方がおすすめとも意見はありますね。新築で平屋を建てるか悩んでいる方へメリット・デメリットについて紹介していきます。

新築で平屋を建てるメリットとは?

平屋は構造的に強い

平屋は構造がシンプルなので、2階建てと比べて頑丈だと言えます。また、平屋は高さが無い分、台風や強風でも風が当たる面積が少ないため、揺れにくくなります。

部屋間の移動がしやすい

平屋のメリットは移動が楽だということが一番です。2階への移動が無く、寝室、トイレなどの移動が楽になります。特に老後は2階の寝室への移動が困難になるため、将来的な面で平屋の方がメリットはあります。

騒音が少ない

2階建てとなると、上からの騒音が気になるという方もいます。平屋でしたら、2階からの騒音の心配はありません。

メンテナンスしやすく安い

家を建てた後、外壁の塗装など、数年ごとにメンテナンスが必要になります。塗装を行う際に足場を建てるとメンテナンス費用は高くなります。2階建ては足場が必要になりますが、平屋だと足場が必要になりませんので、メンテナンス費用が安くなります。数年ごとにかかる費用を抑えられることがメリットです。

平屋のデメリット

では、平屋のデメリットも知っておきましょう。デメリットと知った上での対策や事前の納得があれば、平屋を建てた後に、こんなはずではなかったと思えるはずです。

平屋の方が建築費は高くなる

平屋と2階建ての建築費を比べると、平屋の方が費用は高くなります。それは、基礎の面積や屋根の面積が2階建てと比べて2倍になるので、その分、建築費用がかかります。ただ、単純に2倍になるというわけではなく、土地代の高いところは、建築費より、土地購入代がかかることが大きなデメリットです。

日当りが悪くなる

平屋のデメリットで、住宅地の平屋は周りの上が日光を遮るため、日当たりが悪くなります。また、採光を考えた家の向きや天窓の設置がなければ、日当たりが悪いと言えます。

2階建ての隣家からの視線が気になる

周囲が2階建ての家ばかりの場合、上から見下ろされているようになるので、視線が気になります。洗濯物の干場なども考えなければいけません。近隣からの視線が入らないように、曇りガラスの窓やカーテンを設置が必要になります。

防犯対策が必須

平屋だけでなく、2階建ての家も防犯対策は必要ですが、とくに平屋には厳重な防犯対策が必要だと言えます。暑いからといって、窓を開けっぱなしで寝ることは危険です。また、人の気配が分かりやすい窓でカーテンの設置は、泥棒に入られやすい家になりますので、防犯対策を考える必要があります。

屋根断熱が必須

紫外線が強い沖縄で、平屋の場合、部屋全体が暑くなります。そのため、屋根の断熱が必須とも言えます。

ハルモデザインの木造平屋の建築実績

弊社の木造平屋の建築実績もご参考ください。

他にもあなたの希望する家の予算やスタイルによって、平屋のメリット・デメリットが出てきます。まずは、どんな家が希望で、どのくらいの予算があるかなども含めて、プロに相談してください。HARMO designでは、あなたの希望に合う家づくりのご提案や後悔しない家づくりのご提案を致します。お気軽にご相談やお話をお聞かせください。『無料ラフプラン、概算見積とは?』

初回ラフプラン・概算見積無料!!≫
一級建築士事務所 HARMO design(ハルモデザイン)
一級建築士/一級施工管理技士 代表 岸田 匡史(きしだ まさふみ)
TEL:098-996-4810  (営業時間:08:30~18:00)
901-0241 沖縄県豊見城市豊見城199-C-2
建築士事務所登録番号 沖縄県知事登録 第192-3533号

HARMO designへのお問合せフォームへ

沖縄で木造住宅を建てるために知っておくべきこと・おすすめ記事まとめ

沖縄で家を建てたい方への豆知識や知っておくべきことのおすすめ記事を紹介しています。以下のリンクをクリックして、情報を集めましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る