木造住宅の豆知識

スクエアモダンの家

外観 正面2

外観はシンプルで飽きのこないデザイン。内部は効率良い家事動線はもちろん、家族がいつも一緒に仲良く暮らせる豊かで上質なゆとりのある空間にしたい。というご要望から計画がスタートしました。

シンプルで上質な暮らしには核となるコンセプトが不可欠です。ヒアリングを通して家の中心は大きなLDKではなく、奥様こだわりのアイランドキッチンに設定しました。

ここを起点にリビングやダイニング、畳コーナーなど家族みんなのスペースを決定。収納や水廻りはキッチンの横と裏側に配置することで効率の良い家事動線としながら、いつも家族を近くに感じ見守る事の出来るゆとりのあるLDKの両方のご要望を実現しました。又2階にも多目的に使えるセカンドリビングを設け、1階のメインリビングと上下階を吹き抜けで繋ぎました。溢れる光と重力換気による通風に加え、開放感とコミュニケーションがはずむ豊かな空間が生まれました。

外観 庭2

シンプルに見せるためにキューブの組み合わせをベースにしました。正面の1階部分はプライバシーへの配慮とデザインの為に木の質感を活かした壁面のように構成。袖の木格子の扉がアクセントになっています。庭側はシンプルな総2階縦です。バルコニー部分は欠きこみ木調のサイディングを張り、全体を白と木のコントラストで明快にわけることでキューブのシルエットも際立ちます。

リビング2

キッチンを中心に横にダイニングテーブル、前にリビングを配置。どこにいても目が届く、ほどよい距離感の中にレイアウトされています。

リビングC

2層の吹き抜けになっているメインリビングと天井高をおさえたキッチン・ダイニングスペースの高低差が空間にメリハリを与え、それぞれのスペースを創りながら居心地のよさを生み出しています。

リビングB

吹き抜けの中のリビング階段は存在感をおさえながら全体の中で馴染ませるようにシンプルに計画し手摺のアイアンがアクセントになるようなデザインとしました。

スタディコーナー

リビング階段下にみんなのデスクコーナーを用意しました。階段下のスペースの使い方を工夫すればリビングがさらに楽しくなります。

吹き抜け3

家の中心にある吹き抜けに面して各部屋を配置しました。団らんする家族の気配をどこにいても感じることが出来ます。

吹き抜け5

毎日の昇り降りが楽しくなるリビング階段が上下階をスムーズにつないでくれます。

ダイニングA

ダイニングの脇の畳コーナーは使い方自由自在。で小さいお子様を遊ばせたり、お昼寝したり。それだけではなく夜にはプロジェクターでミニシアターにもなります。

寝室

ヒノキの無垢床は足ざわりもよく、湿度のコントロールもしてくれます。

キッチンA

家具のようにリビングの前に置かれたアイランドキッチン。ここからの視線と動線が家の間取りを決定しています。起点となる場所を明確にすることで無駄のないシンプルで使い勝手の良い家になります。

キッチンB

キッチンはリクシルのアライズのアイランド型をチョイス。パネルのカラーを柱や梁と合わせて統一したことで違和感なくLDKの中に溶け込んでいます。また光熱費ダウンの為にオール電化のIHを採用。お掃除もしやすく、お子様でも安心。機能も充実で毎日のお料理が楽しくなりますね。

サニタリーA

水廻りのデザインにもこだわりを。洗面台はチューイチョーク舎による造作カウンターです。

トイレ

まずはお気軽にご相談ください

初めての家づくりで分からない事が多いと思いますが、お客様に安心していただけるように多くの情報を提供します。まずはお気軽にお問合せください。

初回ラフプラン・概算見積≫『ラフプラン、概算見積とは?』
一級建築士事務所 HARMO design(ハルモデザイン)
一級建築士/一級施工管理技士 代表 岸田 匡史(きしだ まさふみ)
TEL:098-996-4810  (営業時間:08:30~18:00)
901-0241 沖縄県豊見城市豊見城199-C-2
建築士事務所登録番号 沖縄県知事登録 第192-3533号

HARMO designへのお問合せフォームへ

【木造注文住宅 HARMO houseシリーズ】

関連記事

ページ上部へ戻る